JenkinsのMultiple SCMs PluginからPipeline Pluginへの移行

(2016-08-20)

Jenkins環境を作り直すことになり、 長らく使ってきたMultiple SCMs PluginがDeprecatedなので、 Pipeline Pluginに移行することにした。

プラグインをインストールすると、ジョブ作成時にPipelineを選択できるようになる。 Pipeline scriptの複数リポジトリを指定するところはこんな感じ。

node {
   stage 'Checkout rep1'
   git([url: 'git@rep1.git', branch: REP1_BRANCH])

   stage 'Checkout rep2'
   dir('rep2') {
      git([url: 'git@rep2.git', branch: REP2_BRANCH])
   }

   stage 'Checkout rep3'
   dir('subdir3/rep3') {
      git([url: 'git@rep3.git', branch: REP3_BRANCH])
   }

   stage 'Build'
   ...
}

まとめて入ったPipeline Stage View Pluginによって、 経過や変更などいろいろ見やすくなった。